ホーム > 当院の活動 > 臨床研究に関する情報公開について

臨床研究に関する情報公開について

当院では、倫理委員会の承認を得て、下記の臨床研究を実施しています。

臨床研究に関する情報公開について

承認番号研究課題名研究責任者研究開始日
2018-0002 日本産科婦人学会 倫理委員会登録・調査小委員会生殖補助医療(ART)登録事業及び登録情報に基づく研究 俵 史子 2018年06月15日
2023-0014 子宮内フローラ検査の有用性確認のための前向き研究 京野 廣一 2024年02月09日
2023-0016 ナノスーツ法による精子の形態的特徴から不妊治療成績を予測するアルゴリズムの開発 宗 修平 2024年02月09日
2023-0017 精巣内精子採取術(TESE)由来の細胞群からの円形精子細胞同定アルゴリズムの開発 宗 修平 2024年02月09日
2023-0022 室温下でのZymotスパームセパレーターの使用が臨床成績に及ぼす影響 宮村 知子 2024年02月09日
2024-0001 凍結精子を用いたICSI由来2.1PN胚の解析 宮村 知子 2024年02月09日
2024-0002 肥満症例の胚移植周期と妊娠前体重管理の有用性 村林 奈緒 2024年02月09日
2024-0003 不妊治療を経て妊娠されたNIPT検討患者の年齢別にみる遺伝カウンセリン グの在り方(仮題) 松浦 恵 2024年02月09日
2024-0005 精しょう液の成分および粘性と男性不妊症の関連性に関する研究 宗 修平 2024年03月01日
2023-0028 胚画像スコアリングシステム(LifeWhispererViability)の有用性の評価と培 養士胚評価との関連性 榊原 由佳 2024年03月01日
2024-0008 生殖補助医療の保険診療化に伴う黄体ホルモン補充プロトコールの変更における臨床成績への影響 俵 史子 2024年04月26日
2024-0011 患者の利便性向上を目的とした人工授精における処理後精液の長時間保存が精液所見に与える影響 大石 彩加 2024年04月26日
2024-0012 形態不良胚における融解液の選択が胚移植成績に与える影響 宮村 知子 2024年04月26日
2024-0013 膜構造を用いた生理学的精子選択術(ZyMot)を使用した精子処理の至適時間の検討 清水 佑菜 2024年04月26日

不妊治療 俵IVFクリニック

〒422-8066 静岡県静岡市駿河区泉町2-20

Tel. 054-288-2882 [ 地図はこちら ]

© Tawara IVF Clinic