ホーム >生殖周産期外来

生殖周産期外来

生殖周産期外来について

生殖周産期外来の診療内容

生殖周産期外来診療日

不妊治療から出産までの質問にお答えしています

生殖周産期外来について

生殖周産期外来について

不妊治療を専門に扱う当院では、平成19年の開院以来、妊娠率の向上はもとより、お母さんの健康や元気なお子さんの誕生、その後の健やかな成長を見据えた、安全な不妊治療を提供することに力を注いでまいりました。

この方針のもと分娩を扱う医療機関に協力を依頼し、当院での生殖補助医療を経て妊娠された方の妊娠・分娩の予後調査を行い、不妊治療の経過や背景因子と、妊娠中の異常や児の状態との関連に焦点を当てた観察も行っております。 およそ10年間の集積データから明らかとなったことは、妊娠前または妊娠初期からの生活習慣の見直しや体質の改善が、その後の妊娠経過や分娩における異常発生のリスク低下につながるということです。

このような経緯から、当院では妊娠初期の管理を専門に行う、生殖周産期外来を開設することとなりました。スタッフ一同、お母さんと赤ちゃんの幸せのために全力でサポートいたします。

俵IVFクリニック 生殖周産期センター長 村林奈緒

生殖周産期外来の診療内容

生殖周産期外来のイメージ

一般的に妊婦検診は、妊娠8〜23週までは4週間に1回、妊娠24〜35週までは2週間に1回、妊娠35週から出産までは週1回の受診が推奨されています。

当院では心拍や胎のうが確認できてからも、安定しない妊娠8〜12週目の「妊娠初期の管理を徹底」するため、1週間に1回の妊婦健診で超音波検査や保健指導を実施しています。妊娠12週を目安に当院をご卒業いただき、分娩施設へ紹介いたします。 その後は各分娩施設の主治医の指示に従って受診してください。

生殖周産期外来の対象となる方

当院での治療により妊娠が成立し、胎児心拍確認後〜妊娠12週ごろまでの方

妊娠8〜 9週

8週の胎児のイメージ

・体重、血圧、検尿

・超音波検査

・妊娠届出書の発行

・保健指導

妊娠9〜10週

9週の胎児のイメージ

・妊娠初期検査(子宮頚癌検診、血液型(ABO血液型、RH、不規則抗体)血算、血糖、B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIV、風疹、クラミジア、トキソプラズマ、サイトメガロウイルス、HTLV−1)

・体重、血圧

・超音波検査

・保健指導

・母子健康手帳の説明

妊娠11〜12週

11週の胎児のイメージ

・妊娠初期検査結果の説明

・超音波検査

・体重、血圧

・保健指導

妊娠12週ごろ

10週の胎児のイメージ

・体重、検尿、血圧、腹囲

・保健指導

・超音波検査

・分娩施設への紹介

生殖周産期外来診療日

担当医師 村林 奈緒医師
所属:浜松医科大学 生殖周産期医学講座 准教授
診療日 月・木曜 15:00〜17:00(予約制) ※ 診療日以外の予約を希望される方はご相談ください

※日時に変更がある場合があります。ご予約の際にご確認をお願いします。

不妊治療から出産までの質問にお答えしています

ジネコさんに寄せられた質問

Q:娠糖尿病について伺いたいです…
> 回答はこちらから

不妊治療専門病院 俵IVFクリニック

〒422-8066 静岡県静岡市駿河区泉町2-20

Tel. 054-288-2882 [ 地図はこちら ]

© Tawara IVF Clinic