ホーム > 漢方外来

漢方外来

漢方外来とは

こんな方におすすめです

俵IVFクリニックにおける不妊漢方外来の実際

鍼灸治療との併用効果

漢方外来診療日

漢方外来とは

日本東洋医学会漢方専門医である中山毅医師による、不妊漢方外来を開設しました。西洋医学である不妊治療に、東洋医学的なアプローチを加えることで妊娠しやすい身体づくりに努めていきましょう。

不妊治療における漢方療法の役割を十分に発揮するためには、鍼灸治療を併用することもおすすめです。以下のお悩みのある方は、ぜひ漢方外来までご相談ください。

興味のある方は、スタッフまで気軽に声をおかけください。

こんな方におすすめです

冷えがある方

冷えは、骨盤内の血流低下と関連があるとされます。子宮内膜に十分な血液が行き届かないことから、子宮内膜が菲薄化し、着床障害を来すことがあります。また卵巣への血流低下は卵子の質にも影響があるとされます。冷え症を改善し、妊娠しやすい体質改善を目指します。

心のストレスが気になる方

漢方医学でいう「気」の異常には、気滞(うつうつとする)、気虚(元気がない)、気逆(いらいらする)があります。不妊患者さんの7割に「気」の異常が認めるとされ、特に気滞を呈しやすいとされます。心のアンバランスを軽減し、夫婦ともに治療を継続しやすいように、精神的なサポートも図ります。

胃腸障害のある方

漢方医学でいう「脾胃虚(胃腸虚弱)」の方は、十分な栄養を摂取することが困難です。植物に例えるのならば、種子(卵子)は畑(子宮内膜)に十分な水分と栄養がなければ発芽(妊娠)することができません。漢方療法により、胃腸虚弱を改善し、妊娠しやすい身体づくりに努めます。

その他

多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害のある方、子宮筋腫や子宮内膜症により生理痛の強い方、肥満がありダイエットが必要な方に適した漢方薬もございます。また男性因子(乏精子症や勃起障害)の方にも、効果が期待される漢方薬もございます。ぜひ一度ご相談ください。

俵IVFクリニックにおける不妊漢方外来の実際

事前アンケートや診察により、患者様の「証」を診断いたします。

「証」の診断には、体格(虚証、中間証、実証)、寒熱の有無、気血水の異常を考慮いたします。ご来院いただきましたら、独自に作成したアンケートにお答えいただき、視診、聞診、切診などを行い、最適な漢方薬*を決めてまいります。4〜12週間ほど内服していただき、再度漢方外来にて、治療効果判定を行います。

*当院で処方する漢方薬はエキス剤であり、保険診療の対象となります。

鍼灸治療との併用効果

古代中国医学では、漢方薬と鍼灸とが併用された形で治療に用いられて来ました。起源を同じとする漢方治療と鍼灸治療を協調併用することは、より効果的であると考えられます。現代医学である不妊治療と連携して、より皆様のお役に立てると考えます。

> 鍼灸治療にご興味がある方はこちら

漢方外来診療日

担当医師中山毅医師
診療日 毎週火曜日(9:00〜12:00)
費用 初診の方:初診診察料、触診料   自費診療 4,320円
再診の方:触診料         自費診療 2,160円
予約方法Web問診表をご記入のうえ、インターンネットよりご予約下さい。

※日時に変更がある場合があります。ご予約の際にご確認をお願いします。

講演・メディア掲載・出演

  • 2015年5月:静岡県立大学薬学部にて特別講義『産みそして育てる女性への漢方療法』 中山毅医師
  • 2015年3月:漢方トゥデイ - ラジオNIKKEI-medical『印象に残る症例A』 中山毅医師(PDF形式:5Mb) (Flash形式)
  • 2015年3月:漢方トゥデイ - ラジオNIKKEI-medical『印象に残る症例』 中山毅医師(PDF形式:5Mb) (Flash形式)
  • 2014年6月:phil漢方 No.48に中山毅先生の論文『月経不順や排卵障害に対する柴苓湯効果』が掲載(PDF形式:1.5Mb

不妊治療専門病院 俵IVFクリニック

〒422-8066 静岡県静岡市駿河区泉町2-20

Tel. 054-288-2882 [ 地図はこちら ]

© Tawara IVF Clinic