ホーム > 培養士の部屋

培養士の部屋

レスキューICSI

着床補助操作

培養環境

患者様との対話

レスキューICSI

ICSIのイメージ

当クリニックでは、体外受精で受精していないと予測される卵子に対し、採卵当日のうちに顕微授精(ICSI)を行い、受精を助ける方法をとっています。 このレスキューICSIという方法を取り入れることで、完全受精障害によって受精卵が得られず治療がキャンセルとなることを防ぐことが可能です。

初めての不妊治療で精液検査に問題のない方は、できる限り自然に近い体外受精で受精させ、受精障害と判断された場合には顕微授精を行うようにしています。

着床補助操作

卵子は透明帯という殻に包まれています。受精した後も透明帯の中で細胞分裂し発育しています。着床できる段階(胚盤胞)になると、胚は透明帯を破り外へ出て子宮内膜に着床します。

ところが、体外受精など体外で培養したり凍結・融解を行うと、透明帯が硬くなってしまい胚が外へ出にくくなってしまう可能性があります。

そこで、胚移植をする前に、胚が透明帯から脱出しやすくなる操作(着床補助操作)を行う場合があります。着床補助操作には色々な方法がありますが、当クリニックでは透明帯にレーザーを照射して穴を開ける方法をとっています。透明帯にのみレーザーを照射しますので、胚にダメージを与えることのない安全な方法です。

着床補助操作(アシストハッチング)

培養環境とLaboratory(培養室)内の環境

当院のエアシャワーのイメージ

Laboratory(培養室)の環境や受精卵を培養するインキュベーター内の環境は、ARTの妊娠率を左右すると言っても過言ではない程、受精卵の発育に大きな影響を与えます。そのため、培養室内の環境を整え、維持することも培養士の重要な仕事の一つです。

当クリニックのLaboratory(培養室)はHEPAフィルターを介し、清浄された空気が循環するクリーンルームとなっています。さらに、入室前には必ずマスク・キャップの着用と手洗いをし、エアシャワー(左写真)にて埃をしっかりと排除して入室します。その清浄度は開腹手術を行えるレベルです。

さらに蛍光灯から放出される紫外線は、胚にとってストレスとなるため、紫外線を放出しないLED照明を設置するとともに、明るさも極力抑えてあります。

また、突然の停電などでインキュベーターの停止を防止する目的で、自家発電装置を設置し万全の体制となっています。 最後に、大切な受精卵をお預かりしている培養室への入退室は、スタッフの中でも限られた者のみが入退室できるようカードキーで常に管理しています。

Laboratory内 清浄度

俵IVFクリニックのクリーンルーム清浄度

クリーンルーム内の空気清浄度の指標として、単位面積に含まれる粒子数によりクラス分けが行われています。当院のLaboratory(培養室)は、NASAクラス判定で「クラス100」でした。これはLaboratory(培養室)内の空気中の浮遊微粒子数が極めて少ないことを表しています。

クラス100*とは、バイオテクノロジー分野でのバイオクリーンルーム、医療分野での無菌手術室と同等の清浄度を誇ります。

*クラス100
0.5μm以上の粒子が、空気1立方フィート中に100個以下の室内という意味で、『0.5μmをゴルフボール大としたとき、淡路島がすっぽり入る大きさの箱の中にゴルフボールが100個以下しか存在しない。』という高い清浄度です。

Laboratory内 温度・湿度管理

精子や卵子に与えるストレスを最小限にするため、それを育てている培養機器の管理も大切です。当院では電子機器で制御されているインキュベーターを湿気から守るために、Laboratory(培養室)内全体の温度・湿度管理を徹底的に行っています。

患者様との対話

胚培養士が患者様に胚の説明を行っている様子

当クリニックでは、採卵後の卵子・精子や移植予定の胚などのご説明を培養士が行っています。
ご夫婦によって受精卵の質、発育の状況などが全く異なりますので、直接見てきた培養士がご説明することでより細かい部分までお話しすることができます。

普段忙しくて来院できないご主人も、ご夫婦で培養士と話しに来られてみてはいかがでしょうか。

不妊治療専門病院 俵IVFクリニック

〒422-8066 静岡県静岡市駿河区泉町2-20

Tel. 054-288-2882 [ 地図はこちら ]

© Tawara IVF Clinic