ホーム > 当院の活動 > 臨床研究に関する情報公開について

臨床研究に関する情報公開について

当院では、倫理委員会の承認得て、下記の臨床研究を実施しています。

臨床研究に関する情報公開について

承認番号研究課題名研究責任者研究開始日
2017-0015 膣内デールライン桿菌所見が臨床成績に与える影響 鈴木 めい 2018年03月09日
2017-0016 精子尾部形態異常の発症頻度と精子運動率への影響 伊林 志穂 2018年03月09日
2017-0017 ART治療方法および患者背景からの癒着胎盤リスク因子の検討 宗 修平 2018年03月09日
2017-0018 TSH2.5mIU/Lを目標とした甲状腺機能の管理は不妊治療期間短縮に寄与しない 宗 修平 2018年03月09日
2017-0019 凍結融解胚移植方法の違いにおけるART妊娠後の産科合併症発症頻度の比較 俵 史子 2018年03月09日
2017-0020 不妊患者の東洋医学的特徴と治療の実際 中山 毅 2018年03月09日
2017-0021 ART治療方法患者における周産期経過と児の状況 俵 史子 2018年03月09日
2017-0024 子宮内膜ポリープの妊娠への影響についての検討 宮野 奈緒美 2018年03月23日
2017-0025 ART妊娠における移植方法別による分娩時状況の比較 山口 和香佐 2018年03月23日
2017-0026 100%の回答率を達成した妊娠予後調査結果に基づくART妊娠後の産科合併症発症頻度−ホルモン補充周期 vs. 自然排卵周期− 俵 史子 2018年03月23日
2017-0027 TSH3.5mIU/Lをカットオフ値とした当院の甲状腺機能管理の根拠 宗 修平 2018年03月23日
2017-0028 癒着胎盤リスク因子としての子宮内操作既往歴の影響とホルモン補充の関与 宗 修平 2018年03月23日
2017-0030 変性卵子が共培養する他の卵子の受精率に及ぼす影響 久保 友紀 2018年03月23日
2018-0001 不妊治療施設における家族性腫瘍拾い上げの試み〜リスク表示・問診アシスト機能を用いた問診体制の構築〜 俵 史子 2018年06月15日
2018-0002 日本産科婦人学会 倫理委員会登録・調査小委員会生殖補助医療(ART)登録事業及び登録情報に基づく研究 俵 史子 2018年06月15日

不妊治療専門病院 俵IVFクリニック

〒422-8066 静岡県静岡市駿河区泉町2-20

Tel. 054-288-2882 [ 地図はこちら ]

© Tawara IVF Clinic