ホーム > 臨床遺伝専門医

臨床遺伝専門医

臨床遺伝専門医とは

臨床遺伝専門医は、医療分野における遺伝子に関わる様々な問題に対応することができる医師です。生殖医療(不妊症・不育症)の専門クリニックである当院は、晩婚化により高齢出産の割合も多くなっている事から、遺伝学的な問題は不妊治療とは切っても切り離せない分野となっています。当院では、遺伝カウンセリング外来を担当する、望月修医師が臨床遺伝専門医です。臨床遺伝専門医が常勤で在籍する不妊治療専門クリニックは静岡中部で当院のみです。

+++++ 以下、臨床遺伝専門医制度委員会HPより抜粋 +++++
遺伝医学研究の進展に伴い、遺伝子情報の医療への導入は不可避な時代となってまいりました。臨床遺伝専門医はすべての診療科からのコンサルテーションに応じ、適切な遺伝医療を実行するとともに、各医療機関において発生することが予想される遺伝子に関係した問題の解決を担う医師であり、次項の能力を有することが期待されています。


1)遺伝医学についての広範な専門知識を持っている。
2)遺伝医療関連分野のある特定領域について、専門的検査・診断・治療を行うことができる。
3)遺伝カウンセリングを行うことができる。
4)遺伝学的検査について十分な知識と経験を有している。
5)遺伝医学研究の十分な業績を有しており、遺伝医学教育を行うことができる。

臨床遺伝専門医の数

2018年6月18日現在、生殖医療専門医数は全国で1316名、静岡県内で32名。生殖医療専門医(不妊治療の専門医)で臨床遺伝専門医を有するのは、遺伝カウンセリング外来担当の望月修医師のみです。

生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医*(以下 日本産科婦人科学会より抜粋)

下記のカウンセリングにかかわり、生殖補助医療のより適正なご利用のお役に立てられるよう努めています。

  1. 不妊診療のなかでの遺伝医学的問題に対応します。
  2. 生殖補助医療(体外受精・顕微授精等の近年の生殖医療の中での人工的操作について遺伝医学的影響等に関する不安に応えます。
  3. 着床前診断(受精卵診断)に関して現在の適応、問題点などのご相談に応じ、適切な遺伝カウンセリングを行います。

備考
臨床遺伝専門医のうち、生殖補助医療領域(不妊治療領域)の知識に習熟し、遺伝カウンセリング領域の相談に積極的に応需する臨床遺伝専門医が日本産科婦人科学会HPに名簿が掲載され、2018年3月26日現在は271名が掲載されています。そのうち静岡県で該当する臨床遺伝専門医は3名(2015月4月10日 現在)で、2名は周産期専門医、1名が生殖医療専門医の望月修医師です。

不妊治療専門病院 俵IVFクリニック

〒422-8066 静岡県静岡市駿河区泉町2-20

Tel. 054-288-2882 [ 地図はこちら ]

© Tawara IVF Clinic